どんな製本方法をしているかに注目!

フォトブックの製本方法

フォトブックを作るときには、業者選びが重要になります。イメージ通りのフォトブックを作るためには、業者がどんな製本方法で作っているのかに注目して選んでいきます。 フォトブックの製本方法は、ほんと同じような無線綴じ、ページが180度開くフルフラット、リングでまとめたリング製本などを選ぶことができます。 どのような場面で使うのか、長く保存したいかなどによって製本方法は変わってきます。 また、表紙にも注目して選んでいきます。表紙はハードカバータイプとソフトカバータイプの二種類から選ぶことができます。ハードカバーは固いため持ち運びはしにくいですが大事な写真を綺麗に保存できるのに対して、ソフトカバーは薄いためコンパクトで持ち運びしやすい代わりに折れやすく劣化しやすのが特徴です。

業者を選ぶときのポイント

フォトブックを作る場合には、製本方法などを意識してどんな雰囲気で作るのかを考えることが重要です。
また、フォトブックにはどれぐらいの写真を入れたいかを考えることもフォトブックを作る上では、必要なこととなります。業者によって一冊に収まる写真の数は大きく違ってきます。
大事な写真を少しだけならどんな業者でも大丈夫ですが、たくさんの写真を入れたいのであれば、ページ数や1ページに入れられる写真の数が多いフォトブック業者を選ぶことが大切です。
また、質の良いフォトブックを作りたいというときには、画質が大きく影響してきます。画質が良いプランの方が価格は高くなってくるため、製本方法だけではなく画質などにも注目して予算を考えて選んでいきます。