対応している画質もしっかりチェックしよう!

フォトブックは料金の安さだけで選んではいけない

最近はフィルムの写真ではなく、スマホのカメラやデジカメで写真を撮る人が増えていますよね。気軽に撮れて大量にデータを保存する事が出来るので便利ですが、見たい画像を探すのが大変だったり、スマホの機種変をした時にデータは古いスマホに残ったままという人もいるかもしれません。そんな時に子供の成長や旅行の思い出を1冊のフォトブックにまとめておくと便利ですし、祖父母にフォトブックをプレゼントしても喜ばれます。

フォトブックの料金設定は、業者によって大きく異なり格安のフォトブックであれば1冊500円以下で作ってくれるところもあります。しかしどうしても安い業者を選ぶと、写真の画質が悪かったり、本の製本が悪かったり、用紙の質がよくないなど、何かしらフォトブックに問題がある可能性が高いと言えます。せっかく思い出やプレゼントでフォトブックを作るのであれば、質に拘って業者を選びましょう。

フォトブックの画質に拘って業者を選ぶポイント

フォトブックの業者選びで失敗しないためには、フォトブックの質に拘って選ぶ必要があります。しかしフォトブックの質なんて、作って実物を見ないと分からないと思うかもしれません。ですがネットである程度であれば、フォトブックの質を見極める事が可能です。

例えばフォトブック比較サイトが存在しているので、フォトブックの画質を筆頭に、見やすさ、見栄え、用紙の質などを比較し評価の高い業者を選ぶようにして下さい。フォトブックを作った人のレビューも参考にするといいでしょう。他にも色の数やトナーの種類、用紙の種類、製本の綴り方を確認しておけば、業者選びで大きく失敗する事はなくなるはずです。

フォトブックは、料金が安いからお得という理由だけで業者を選ぶと、質の悪いフォトブックの業者を選ぶ原因となるので注意して下さい。