完成した時のサイズ感をイメージしておこう!

どのサイズで作るかを始めに考える

フォトブックの作成を依頼するときに、いくつかのサイズから選んで作ることが出来る場合があります。その際にはしっかりサイズを確認して起きましょう。サイズによって、どれぐらいの写真を納めることが出来るか、ページ数がどの程度になるかという事も左右されることになります。

大きなサイズの場合には一ページに多くの写真を納めることが出来ます。大きな写真も入れやすいですし、ページ数も少なくて済みます。しかし、大きいために持ち運びがしづらいこともあります。小さなサイズは持ち運びやすいですが、入れられる写真の数が限られるという事もあります。写真の数や大きさ、どのような形で使うかという事を考えて、適切なサイズを選んでいくようにしましょう。

サイズによってレイアウトも変わる

同じ写真をプリントするとしても、どのような形で配置するかによって印象は大きく変わることになります。また、メッセージなどを入れることが出来るフォトブックの場合、どのような入れ方をするかという事を考えなくてはなりません。フォトブックのサイズが変わることによって、出来ることが大きく変わってくることになります。

そのため、まずはどのサイズが適当かを考えてみましょう。店頭であれば見本などを見てみるのも良いですし、ホームページやソフトを使って実際に配置をして様子を見るということが出来ることもあります。ぜひ注文する前にどのようなものなのか、サイズ感をしっかり確認しておくことがイメージ通りにフォトブックを作るポイントです。